<var id="91h5v"><strike id="91h5v"><listing id="91h5v"></listing></strike></var>
<cite id="91h5v"><strike id="91h5v"><thead id="91h5v"></thead></strike></cite>
<var id="91h5v"></var><var id="91h5v"></var>
<var id="91h5v"><strike id="91h5v"><listing id="91h5v"></listing></strike></var>
<var id="91h5v"></var>
<var id="91h5v"><strike id="91h5v"><listing id="91h5v"></listing></strike></var>

CSR

高い倫理観をもって事業を行い、人々との信頼関係を築きながら、社會?環境の価値向上を目指します

公正かつ自由な競爭の実踐

腐敗防止

腐敗防止基本方針

 荏原製作所および國內グループ會社(以下、「當社グループ」という)は、事業活動の健全な発展を促進することを目的として、腐敗防止に努め、腐敗防止についての自主的?予防的措置を講じます。

當社グループのすべての取締役、執行役および従業員は、業務において、腐敗防止を意識しその推進に努めるとともに、関連する法令を遵守し、社內規定(腐敗防止プログラムを含む)に従って行動します。

內部統制システムの一環として、腐敗防止プログラムを構築し、適切に運用します。當社グループの取締役、執行役、従業員の行動に違反にあたる行為があった場合には、速やかに対処?是正するとともに、必要に応じて腐敗防止プログラムの內容を修正し、再発防止に努めます。

腐敗防止プログラム

 荏原グループは、「公正かつ自由な競爭の促進」、「反社會的勢力との関係遮斷」、及び「贈収賄の禁止」を目的とする腐敗防止プログラムを実踐しています。このプログラムはすべてのグループ會社に適用し、以下の施策を実施しています。

1 . 従業員や會社による腐敗行為を禁止することを各社経営トップ自らが宣言した腐敗防止宣言
2 . 各社取締役會にて決議された腐敗防止に関する基本方針
3 . 腐敗行為を禁止する內部規定の策定
4 . 重大な問題に従業員が匿名でも通報できる內部通報窓口の設置
5 . 1~4すべてを従業員に周知

また、規程に違反した場合の懲戒規律も合わせて整備されています。グループ各社が制定する「賄賂防止細則」には、贈収賄のほか、接待、贈答、旅行、獻金、寄付、ファシリテーションションペイメントなど各種費用負擔及び利益供與や、第三者を介した取引に対する規制が盛り込まれています。

腐敗防止プログラムの運用狀況と荏原の狀態は定期的に全執行役が委員となるサステナビリティ委員會に報告しています。取締役も陪席しており、取締役會でサステナビリティ委員會の事項が報告されています。

腐敗防止宣言

2019年3月28日

株式會社荏原製作所
代表執行役社長
淺見正男

 荏原グループは、「荏原グループCSR方針」に基づき、高い倫理観を持った事業の遂行と大切な皆様との信頼関係の構築を基盤とする事業活動を行ってきました。
 2012年に制定した當グループの「腐敗防止プログラム」も、その一環として、國內外での展開を行っています。ここに改めて、贈収賄の禁止、公正かつ自由な競爭の促進、反社會的勢力との関係遮斷など、腐敗防止に対する荏原グループの基本姿勢を表明し、これを厳守していくことを宣言します。

1 . 荏原グループの役員?従業員は、関係法令及び社內規程を含む腐敗防止プログラムを遵守し、公正さ、誠実さ及び透明性を以て事業活動を推進します。
2 . 荏原グループは、役員?従業員が関係法令及び社內規程に違反する行為を行った場合、違反行為者に対し、社內ルールに従った厳正な処分を課します。また、腐敗防止に対する取組が不十分と認められる取引先などについても、當社との取引停止を含めた厳しい対応で臨みます。
3 . 荏原グループの経営トップは、率先垂範して腐敗防止プログラムを実踐するとともに、社內外に対して積極的にメッセージを発信し、腐敗防止プログラムの周知徹底に強いリーダーシップを発揮します。また、社內において、腐敗行為が発生した場合、経営トップ自ら率先して問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努めます。
4 . 荏原グループは、公正さ、誠実さ及び透明性のある事業活動の遂行により社會、顧客、ビジネスパートナー等のステークホルダーから得られる信用?信頼こそが、かけがえのない財産であることを認識しています。
5 . 荏原グループは腐敗防止プログラムに基づき、定期的な社內研修、規程類の見直しや遵守狀況のレビューなどにより、腐敗防止の徹底を図ります。

その他腐敗防止に関する取り組み

 荏原グループでは、腐敗防止プログラムに即した各種腐敗防止活動を行っております。

コンプライアンスアンケートにおけるリスク分析と対応
海外グループ會社への內部通報窓口(社外窓口)の設置拡大(2019年狀況:全國內グループ會社及び海外グループ17社に通報窓口を設置)
海外グループ會社の現地事情を踏まえた腐敗防止研修の実施(2018年狀況:腐敗認識度の低いアジア、南米にある國の全21社の営業部門従業員等対象に1,600人以上eラーニングを受講。2019年狀況:対象國をグローバルに拡大し、海外子會社36社の営業部門従業員等を中心に約2000人がeラーニングを受講)
海外グループ従業員のコンプライアンス意識向上に向けたアンケート実施(2018年狀況:中國10社対象に実施)
國內外グループ會社に適用する代理店との取引に関する內部統制自己點検ガイドラインを2018年に策定し、順次グループ會社へ展開中。ガイドラインは各國法規制の改正や第三者管理を含む最新のガイドライン等を參考に策定。

調達

「荏原グループの企業倫理」に従い、以下の調達方針のもとにお取引先様(製品材料、資材、役務の調達先)とのパートナーシップを築き、公正な取引を行います。
お取引様にご協力いただきたい項目をCSR調達ガイドラインとしてまとめています。

調達方針

公正/公平な機會の提供

 お取引先様に競爭の機會を広く提供します。取引に當たってはISO9001に基づく弊社認定制度に則り技術的評価と商業的評価を行い、基本取引契約?工事基本取引契約を結んだ上でお取引を開始させていただきます。

経済合理性

お取引に関しては、資材の品質?信頼性?納期?価格?技術開発力?提案力?環境保全への取り組み並びにお取引先様の経営安定性等を総合的に評価して行います?!?

情報セキュリティ

 お取引を通じて知り得た秘密情報については、お取引先様の承諾なしに第三者に開示しないものとします。

相互信頼

 お取引先様との信頼関係?パートナーシップを築くとともに、相互の発展を目指します。すべての調達部門員は社內外の関係する部門と常に良好な関係を保ち、相互に協力的かつ、創造的な活動をするべきとの心得をもち、仕事が円滑で、そして効率よく業務全體を機能できるよう努力します。

社會的信頼

 持続可能な社會の発展を目指し、國內外の法令順守、人権尊重、製品?役務の安全、品質保証、労働安全衛生、環境保全、企業倫理等に配慮したCSR調達を行います。

荏原CSR調達ガイドライン

はじめに

 荏原グループは公正?公平な調達活動を通じお取引先様と長期的なパートナーシップを築く事で共存?共栄を目指します。又CSR(企業の社會的責任)活動を企業活動の軸に置き企業価値の向上と持続的成長、さらには社會における価値創造を目指します。この実現にはステークホルダーであるお取引先様自身の事業活動においても荏原製作所並びにそのグループと同様にCSR活動を推進して頂く必要があります。つきましては、お取引先様にご協力頂きたい項目をCSR調達ガイドラインとして纏めましたので、ご理解頂くと共にCSR調達の推進をお願い致します。さらに皆様のお取引先様におきましても、皆様より本項目に対する取り組み要請をお願い致します。

1.コンプライアンス

 當該國及び取引に関わる諸國の法令及び社會規範等のコンプライアンスの徹底、內部通報制度を含む社內體制の整備をお願いします。

2.人権や労働安全衛生への配慮

 児童労働、強制労働をはじめとする不當な労働や差別を行わず、基本的な人権を尊重し、安全で衛生的な労働環境を確保するようお願い致します。
人権侵害の可能性となる紛爭鉱物への取り組みは、「紛爭鉱物の対応について」をご確認ください。

 緊急事態(災害?事故等)に備えた事業継続マネジメントシステム(緊急発生時の対応策と準備)の構築及び訓練の実施をお願い致します。

3.環境保全

 地球環境への負荷を低減する活動を、持続的に進めて頂くようお願い致します。詳細は「荏原グループグリーン調達ガイドライン」 をご一読下さい。

4.品質?価格?納期の確保

 お客様に満足頂ける製品?サービスを提供するため、優れた品質と安全性?市場競爭力のある価格?確実な納期の確保による安定的な供給體制を構築した商品?サービスの提供をお願い致します。

5.技術力の向上

 継続的に技術力の向上に努めて頂くようお願い致します。

6.情報公開

 積極的に情報提供及び開示して頂くようお願い致します。

7.情報セキュリティ

 個人情報及び秘密情報を適切に管理?保護する體制を整え、不正又は不當に取得、使用、開示、漏洩しないようお願い致します。

8.知的財産の保護

  知的財産を尊重し、他人の知的財産を侵害しないようお願い致します。

9.腐敗防止

 強要や贈収賄の禁止をお願い致します。

10.反社會的勢力との関係遮斷

 反社會的勢力との関係は一切遮斷していただきますようお願い致します。


紛爭鉱物への対応

 コンゴ民主共和國及びその隣接國における、武裝勢力による地域住民への非人道的な行為や環境破壊が國際的に大きな問題となっています。これらの武裝勢力は、當地で採掘される錫、タンタル、タングステン、金などの原料鉱物を資金源としており、これらの鉱物は「紛爭鉱物」と呼ばれています。武裝勢力の資金源を斷つため、紛爭鉱物に由來する錫、タンタル、タングステン、金が製品に使用されないよう、企業には適切な調達を行うことが求められています。當社は、グローバル社會の一員として、紛爭鉱物問題を重要なCSR課題ととらえています。人権侵害を行う武裝集団を利することのない調達については、今後、お取引先様の協力を得て、具體的な取り組みを進めてまいります。

2019年度の活動

 調達業務の取組方針の審議、運用強化を目的とした調達統括委員會を開催して以下の課題に取り組みました。
  ?調達業務改善
  ?サプライヤー認定制度の導入
  ?CSR調達アンケート実施
  ?法令改正動向への対応

CSR調達アンケート

 當社では、お取引様にCSR調達アンケートにご回答頂き、CSR調達ガイドラインの認知度を確認させて頂くと同時に、CSRへの取組狀況も確認させて頂いています。

 ※本アンケートはRBA行動規範を參考に作成しています。

 CSR調達アンケートの調査は2018年度から実施をしており、2019年度では國內調達先前年度支払上位70%(330社)に調査を行い、84%のサプライヤーがCSR調達ガイドラインの趣旨を踏まえた運用が出來ていると回答頂きました。結果はフィードバックし、まずは自主的な改善をお願いしています。

サプライヤーに対する訪問調査

 荏原グループは、お取引先様と一緒に価値協創のパートナーシップを築き、信頼性を高めることを目指しています。それに向けた活動として、精密?電子事業カンパニーでは2016年度から順次お取引先様工場への訪問調査を実施しています。労働安全衛生や環境保全の観點から、主に関連法令の遵守狀況や事故発生防止対策、緊急事態発生時の準備?訓練の実施狀況等について確認しています。訪問後、お取引先様から改善狀況を報告いただき、協議を重ねながら、全ての改善項目が完了するまで確認をさせていただいております。このような活動を通じて、お取引先様と共に、リスクの削減に取り組んでまいります。

訪問調査実績
2016年 7社
2017年 14社
2018年 12社
2019年 1社

輸出管理

 荏原は1990年に『安全保障貿易管理規程』(輸出関連法規順守に関する荏原社內の基本ルール)を制定し、これを維持?改善して厳正な管理を行っています。同規程は経済産業省に屆け出て受理されています。同規程の運用細則として『安全保障貿易管理マニュアル』を定め、運用しています。安全保障貿易管理に関する管理?監視を擔當する専門部門を設け、日本國內グループにおいては、グループ橫斷的組織として「荏原安全保障貿易管理委員會」を設置して、厳正な管理を行っています。これらの組織を通じて國際的な安全保障環境の変化に伴い都度改正される法規制に即応した最新情報を、國內グループ全體に発信し、國際的な取り組みである「不拡散型輸出管理」の実踐に努めています。

人与嘼ZOZO免费观看,日本暴力强奷在线播放视频,五十路熟妇无码专区,美女裸乳裸体无遮挡的视频
<var id="91h5v"><strike id="91h5v"><listing id="91h5v"></listing></strike></var>
<cite id="91h5v"><strike id="91h5v"><thead id="91h5v"></thead></strike></cite>
<var id="91h5v"></var><var id="91h5v"></var>
<var id="91h5v"><strike id="91h5v"><listing id="91h5v"></listing></strike></var>
<var id="91h5v"></var>
<var id="91h5v"><strike id="91h5v"><listing id="91h5v"></listing></strike></var>